忙しくても大丈夫!寝不足による肌荒れを改善する3つの対処法!

MENU

忙しくても大丈夫!寝不足による肌荒れを改善する3つの対処法!

アヤナス

 

寝不足も1日2日なら何とかなっても、慢性的な寝不足となるとお肌にもずいぶん影響がでてしまいます。最初は「ちょっと寝不足で化粧ノリが悪くって」と言えていても、それが続いてくるともはや言い訳なんてできません。深刻な肌荒れ状態になる前に原因をしって、対策をしていきましょう

 

 

寝不足でどうして肌荒れが起こるの?

 

寝不足って、ただ単に眠気やだるさが残るだけでなく、お肌にも影響が出てしまうって不思議だとおもいませんか?
そこでどうして寝不足だと肌荒れが起こるのか調べてみました。

 

成長ホルモンの分泌不足

 

夜の10:00~2:00は成長ホルモンの分泌がもっとも多くされるといわれている時間帯です。その時間帯は美肌作りには欠かせない貴重な時間。成長ホルモンは、新陳代謝を促進する働きがあります。その成長ホルモンが不足すると新陳代謝が滞り、肌の生まれ変わりがうまくいきません。

 

また成長ホルモンは保湿成分のヒアルロン酸やハリを保つコラーゲンなどを作り出す線維芽細胞を活性化する働きも。なので、睡眠不足で成長ホルモンが足りないと、ハリや弾力が失われ、カサカサな肌になってしまいます。

 

男性ホルモンの分泌が活発になる

 

寝不足によりストレスが生じると、交感神経が優位になり男性ホルモンの分泌が多くなります。そうすると肌に皮脂分泌が多くなりニキビができやすくなってしまうんです。
ニキビと睡眠不足は実は深い関係にあったんですね。

 

寝不足による肌荒れの対処法

 

寝不足が原因で肌荒れになるならば、睡眠時間を確保できれば1番いいのですが、それができないから困りもの。であれば、肌荒れを少しでも改善できるよう工夫をするしかありませんね。そこで3つの方法を紹介します。

 

睡眠の質をあげる

 

睡眠時間が足りないなら、せめて寝ている時間、ぐっすりと眠り疲れが取れるようにすることが大切です。

 

寝る前のスマホやPCの使用を控える

  →スマホやPCのブルーライトは睡眠の妨げになります。

 

ハーブティーなどのリラックス効果のある飲み物を飲む

  →カフェインのあるコーヒー、紅茶は避けましょう

 

湯船にゆっくりとつかる

  →ゆっくり使うことでリラックス効果が得られます

 

お布団やパジャマの素材に気を配る

  →自分好みの寝具はやはいリラックス効果が得られます

 

アロマをたく

  →自分の好きな香りもいいけれど、鎮静作用の高いラベンダーやオレンジがおすすめです。

 

睡眠の質を上げるには、スマホをみないなど寝る前の行動に気を使うことが大切なんですね。

 


 

食べ物で睡眠を促す

 

食品の中にも睡眠を促す働きのあるものがあります。。

 

カルシウムを多くとる

 

  • 乳製品       牛乳、チーズ、ヨーグルト
  • 骨ごと食べる魚魚  桜えび、しらす、ししゃも
  • 葉物        小松菜、バジル、しそ

 

最近の東大の研究でカルシウムは脳を眠らせる働きがあることがわかったそうです。

 

ハーブティーを飲む

 

ハーブティーにはリラックス効果の高いものがありますよ。

 

  • カモミール
  • ラベンダー
  • オレンジブロッサム

 

中でもカモミールは有名ですね。鎮静作用と発汗作用があるので体を温め、睡眠へと導いてくれます。

 

トリプトファンを含む食品をとる

 

トリプトファンは睡眠不足を解消してくれるセロトニンという脳内物質を作ってくれます。このトリプトファンを多く含む食品をとるのも有効です。

 

  • バナナ
  • 乳製品   牛乳、チーズ、ヨーグルト
  • 大豆製品  豆腐、厚揚げ、納豆

 

化粧品で肌荒れを解消する

 

肌にあえば1番簡単で効果を感じやすい方法が化粧品をかえる、というものです。
寝不足によっておこる肌荒れには、肌の保湿効果が失われたり、コラーゲンなどを作りだす線維芽細胞の働きが鈍ることがありました。
ですが化粧品にはセラミドが配合された保湿効果の高い化粧品や、繊維芽細胞を活性化してくれるものもあるんです。可rだの内面から変えていくのは長い目でみて非常に重要ですが、手っ取り早く肌荒れを改善するには、化粧品などの利用するのも1つの方法だと思います。

 

抜群の保湿効果をもち、繊維芽細胞を活性化してくれる頼もしい化粧品を紹介した記事がありますので、よろしかったら参考になさってくさだいね。

 

寝不足による肌荒れを解消できる化粧品の詳細はこちら