【必見】生理前の肌荒れやニキビを直したい人の対処法

MENU

【必見】生理前の肌荒れやニキビを直したい人の対処法

アヤナス

 

女性にとって定期的にやってくる生理は身体的にも精神的にも負担が大きいもの。特に生理前は肌荒れなど、不快な症状に悩まされ憂鬱ですよね。その原因を知り少しでも快適にすごせるよう生理前の肌荒れについてしらべてみました。

 

 

なぜ生理前は肌荒れがおきるの?

 

生理前の肌荒れには女性ホルモンが関係しています。
女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。このうち「プロゲステロン」が生理前の肌荒れに関係があるといわれています。

 

排卵後から月経がはじまるまでの間、「プロゲルテロン」の分泌量が増えてきます。このプロゲステロンが多く分泌される次期を黄体期と呼び、精神が不安定になりやすり傾向にあります。
またお肌の状態としては次のようなトラブルがみられます

 

  • ニキビ
  • 敏感肌
  • くすみ
  • かゆみ

 

生理前は女性ホルモンの関係で、ニキビができやすくなったり、お肌が乾燥しやすくバリア機能が低下してしまうんです。それにより外部からの刺激を受けやすく肌荒れを引きおこしてしまいます。

 

生理前のニキビの対処法

 

生理前のニキビに悩む方は結構多いんです。女性ホルモンの関係だから、と割り切ってしまえばいいのですが、やはりニキビができると憂鬱です。ですので、生理前のニキビを改善させる方法を調べてみました。

 

油もの、甘いものを控える

 

生理前に多いニキビを悪化させるたべもの

油分の多い食品

  スナック菓子やあげもの

甘いもの

  チョコレートなどは特にNG

 

生理前は皮脂の分泌が増えますので、上記の皮脂分泌を促す食べ物は避けましょう。

 

ビタミンB2、B6をとる

 

ビタミンB2、B6には皮脂の分泌や代謝をコントロールする働きがあります。不足すると皮脂が過剰に分泌されてしまいニキビの原因となります。

ビタミンB2を多く含む食品

 レバー、うなぎ、魚肉ソーセージ、納豆、さば、卵、カマンベールチーズなど

 

ビタミンB6を多く含む食品

 バナナ、まぐろ、鮭、いわしなど

 

サプリメントで手軽に取り入れるのも効果的です。

 

さわらない

 

わかっているようで、実は気になって無意識に触ってしまう人も多いんです。ですが、触ることで雑菌が入ってしまいニキビ跡が残る原因になってしまいます。また髪の毛が触るのも汚れが付きニキビの悪化につながります。

 

洗顔のやりすぎ

 

ニキビができる原因が皮脂分泌の増加だからといって、ゴシゴシと洗顔するのは逆効果。洗顔の回数を増やしたり、ゴシゴシ洗顔は肌に必要な皮脂まで取り除き、肌のターンオーバーの乱れを招きニキビの原因をつくりだしてしまいます。

 

生理前の肌荒れの対処法

 

食事を気を付ける

 

体をつくりあげる食事はやはり大切にしたいもの。普段からホルモンバランスを整える食品をとるよう心掛けて、少しでも生理前の肌荒れがラクになればと思います。次にあげる食品はホルモンバランスを整える働きをしてくれます。

 

大豆製品

  豆腐、納豆、みそ、きな粉など
  大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は女性ホルモンに近い働きをするといわれています

 

乳製品

  牛乳、チーズ、ヨーグルト
  カルシウムを多く含む食品は、イライラを抑え不安な気持ちを抑えてくれます

 

ビタミンB6

  バナナ、まぐろ、鮭、サンマ、いわしなど
  エストロゲンの代謝に必要な栄養素で、女性ホルモンのバランスを整えてくれます

 

マグネシウム

  納豆、ナッツ、ひじきなど
  イライラを抑えるカルシウムを引き寄せる働きをしてくれます、

 

ビタミンC

  いちご、かんきつ類、キャベツ、ジャガイモなど
  女性ホルモンを増やしてくれる働きがあります

 

睡眠を十分にとる

 

睡眠不足自体、肌荒れの原因にもなりますし、女性ホルモンであるエストロゲン不足を招きます。しっかりと睡眠をとることは、ホルモンバランスを整えることにつながります。

 

体をあたためる

 

体が冷えると自律神経が乱れホルモンバランスが崩れる原因になります。普段からお水を常温で飲む、暖かいのみもの(できればノンカフェイン)を飲む、ゆっくりお風呂に使うなど、体を冷やさない工夫をして生活してみましょう。

 

ピルを使う

 

ピルは避妊だけでなく、生理前の肌荒れやイライラなど不快な症状を和らげるためにも使います。
婦人科や皮膚科を受診して処方してもらうことになりますが、人によりピルを飲むことで吐き気などの症状が出る場合もありますので、私としてはあまりおススメの方法ではありません。

 

化粧品をかえる

 

生理前の肌はとっても敏感になっています。ですのでこの時期、低刺激なものや、バリア機能の低下を防いでくれるものを選ぶとよいと思います。

 

生理前と肌荒れ

 

生理前の肌荒れには女性ホルモンの乱れが関係しているのですね。体の内面から変えていくのが1番良いとは思いますが、時間がかかり長続きしない場合もあります。そんな時は、化粧品をかえることで、症状をやわらげることもよいのかなと思います。改善策は1つではないので、自分にあったものをみつけて症状を和らげるといいと思います。

 

私自身、生理前は肌荒れをはじめむくみやイライラなど不快な症状で憂鬱になります。でも、今使っている化粧品にしてから、生理前の肌荒れだけは気にならなくなりました!敏感肌専用で保湿やバリア機能にすぐれているからかも。もしよかったらこちらの記事を参考にしてみてくださいね。
生理前の肌荒れに効果ありの化粧品の詳細はこちら