【口コミの真相】アヤナスを使うと赤ら顔になる?それとも治るの?

MENU

【口コミの真相】アヤナスを使うと赤ら顔になる?それとも治るの?

アヤナス

 

 

赤ら顔の原因は、色々ありますが主なものを挙げてみます。

 

①赤面症のように緊張などをすることで顔が赤くなるもの
②毛細血管の血流が盛んになり、さらに皮膚が薄いため透けて見えるもの
③肌荒れにより顔に赤みが出てしまっているもの

 

このうち、①の赤面症はメンタル的なものなので、化粧品などでの解決はできませんが、原因②と③に関してはアヤナスでの改善が期待できると思います。その理由を説明していきますね。

 

バリア機能の改善

 

赤ら顔の原因である毛細血管が肌から透けて見えるのは、洗顔のし過ぎや、肌をこする、ピーリングをしたことがある、など、何らかの理由で皮膚が薄くなってしまっているからです。薄いということは、肌の1番上にある角質層のバリア機能が低下し外部からの刺激が肌内部に入り込みやすく、また肌内部の水分も蒸発しやすい状態。バリア機能が正常に戻らなければ、肌荒れを繰り返すことになります。なのでまずはこのバリア機能を回復させることが大切!

 

実はアヤナスのクリームには、肌に代わってバリア機能の役割をしてくれるすごい技術があるんです。それは「ヴァイタサイクルヴェール」とよばれるディセンシアオリジナルの特許技術。「ベントナイト」という成分が肌表面のバリア機能の役割をしてくれ、また肌の奥までしっかり届く潤い成分「セラミドナノスフィア」を配合し、肌内部の潤いを補いしっかりと閉じ込めて肌本来の働きを取り戻せるようになっています。
バリア機能が低下することで繰り返されていた肌荒れの悪循環を、アヤナスは断ち切ってくれるんですね!

 

炎症を抑えてくれる成分を配合

 

アヤナスには、肌荒れの炎症をおさえてくれる成分ももちろん入っています。それが「コウキエキス」。中国南部に自生するクルミ科の常緑高木「黄杞葉(こうきよう)」に含まれる成分で、中国では「甘茶」として飲まれています。抗酸化、抗アレルギー、肌の糖化を防いでくれる作用があり、肌荒れの鎮静化作用が期待できますよ。

 

アヤナスは、バリア機能を改善し刺激から肌を守ってくれる作用と、肌荒れそのもの改善してくれる作用の両方がそろっている頼もしい化粧品です!

 

 


 

アヤナスで赤ら顔が悪化することもある?

 

アヤナスの口コミの中には、残念ながら肌トラブルがでてしまったという声もあります。ちょっとご紹介してみます。

 

使って数時間後にヒリヒリした感じが。夜メイクを落としたら目や口のまわりに赤みがでてました(28歳 敏感肌)

 

使って10日目くらいから、小さなぶつぶつが出来てしまいました。使用感は良かったけど、合わなかったみたいです。(32歳 乾燥肌)

 

すごくピリピリしましたが我慢して3日間続けてみました。でも口の周りや鼻の下が真っ赤になりかゆみも出たので諦めて使用中止。(43歳 敏感肌)

 

私自身、敏感肌だったので期待して使い始めた化粧品が肌に合わなかったときの残念な気持ちはよ~くわかります。でもすべての化粧品にもいえることですが、どんな人にも合う商品はないってこと。アヤナスは敏感肌専用といわれていますが、それでも肌質に合わない場合があるのは仕方ないと思います。ただ、口コミを見ていてもアヤナスを使ったことで肌あれが起きたという方はごく少数。なので心配しすぎる必要はないと思います。

 

アヤナスがご自身の肌に合うか合わないか試してみたい方におススメしたいのは、トライアルセットです。ローション、エッセンス、クリームが10日分入ってお値段1,480円。そして肌が弱い方に何よりうれしいのは、商品到着後30日以内なら使用後でも返品が可能なこと!しかも全額返金までされちゃうんです。肌に合わないことは残念ですが、無駄になることはないのでそう考えれば安心して注文できると思います。商品だけでなく、返品システムまでふくめてアヤナス、かなりおススメです。

 

アヤナス