ストレスで肌が乾燥するって本当?対処法は?

MENU

ストレスで肌が乾燥するって本当?対処法は?

アヤナス

 

 

肌の調子は体調によってよく変わるものですが、30代、40代になって急に乾燥肌になってしまったり、肌荒れがなかなか治らない場合は、ストレスによるものかもしれません。ホコリや紫外線など外的な要因による肌荒れや乾燥肌であれば治りやすいですが、精神的な内的要因によるものだと、単にスキンケアを行うだけではなく、ストレス自体を取り除かなくてはいけないだけに時間がかかるかもしれません。
ストレスによる乾燥肌や肌荒れは「スキンケア」と「ストレスケア」の両方を行う必要がありますね。

 

ストレスで乾燥肌になる理由

 

ホルモンバランスの乱れ

 

肌の潤いを保つには保湿成分セラミドが大切です。このセラミドはお肌のターンオーバーの過程で作り出され、角質層に存在します。そしてお肌のターンオーバーの周期を保つ働きをしているのが、成長ホルモンです。ストレスがかかり、成長ホルモンの分泌が減るとターンオーバーが遅れセラミドも減少してしまいます。セラミドは肌の水分を保持してくれる役割をしていますので、減少することで乾燥肌を招いてしまいます。

 

バリア機能の低下

 

ストレスがかかると、血行が悪くなり肌の温度が低下します。それにより肌の細胞と細胞をつなぎ合わす役割をしているタイトジャンクションの働きが鈍ります。すると細胞間にすきまができ、角質層の水分が隙間から蒸発したり、外部からの刺激を受けやすくなります。この状態が肌のバリア機能の低下です。

 

ストレスによる乾燥肌を解消するには?

 

ストレスによる乾燥肌は、「ストレスケア」と「スキンケア」の両方を行うことが大切です。

 

ストレス対策

 

ストレスを改善するには、「生活面」と「食事」の両方のアプローチが大切ですが、やらなくちゃ!と強く思い込みすぎることが更なるストレスを招いてはいけないので、「できるときにできることからやっていこう」位の気楽な気持ちでいることが大切だと思います。

 

睡眠をとる

 睡眠不足もストレスの原因に。忙しいとなかなかゆっくり睡眠時間はとれませんが、寝る前に体を温めてから寝る、ハーブティーをのむ、寝具にこだわる、スマホの使用は控えるなど、睡眠時間だけでなく睡眠の質にもこだわるといいと思います。

 

気分転換

 1日のうちに、自分へのご褒美的な時間をつくることで、ストレスの原因となる事柄から解放されることができます。好きなDVDを見る、お気に入りのカフェでお茶する、、部屋にお花を飾る、など自分がくつろげることに時間がつかえるようにしていけるといいですよね。

 

栄養面

 

 

ストレスケアでとりたい栄養素

積極的にとりたい食品

カルシウム イライラ解消 乳製品、小魚、小松菜、しそ
マグネシウム カルシウムの吸収を促進 ゆで大豆、あさり、油揚げ、ホウレン草
ビタミンB ストレスにより大量消費 レバー、豚肉、うなぎ、いくら、たまご
ビタミンC ストレスにより大量消費 赤ピーマン、キュイフルーツ、ブロッコリー、じゃがいも、

 

ストレスを受けると大量消費されてしまう栄養素があります。私たちの体は私たちが食べているもので作られているので、足りないものを補いつつバランスのとれた食事を心掛けたいですね。

 

スキンケア

 

乾燥肌にはなんといっても保湿が大切。ただ保湿ときいて化粧水だけを思い浮かべる方もいらっしゃいますが、化粧水だけは不十分です。水分保持力が低下しているので、セラミドなど保湿効果の高い成分が配合されている化粧水と美容液の両方でしっかり潤いを補う必要があります。そしてその潤いをしっかり閉じ込めるためにクリームなどでフタをすることも忘れずに!

 

私が敏感肌のために使い始めた化粧品が、実はストレスによる肌荒れに対応しているという珍しいものなんです。肌のバリア機能を高めたり、肌温度を上昇させたり、高浸透のセラミドを配合したりと至れり尽くせり。乾燥肌対策にもアロマ効果でストレス対策にもなるので、もしかしたら使ってみる価値はあるかもしれません。興味があるようでしたら、こちらに詳しく紹介していますので合わせてご覧になってみてくださいね。

 

ストレスケアのできる化粧品