【疲れが原因?】慢性的な吹き出物にならないための対処法

MENU

【疲れが原因?】慢性的な吹き出物にならないための対処法

アヤナス

 

 

「いつもと同じスキンケアをしているのに、最近吹き出物ができてしまう」「吹き出物がなかなか治らない」なんてことありませんか?
自分では今までと変わらない生活をしているつもりなのに、繰り返し吹き出物がでてきてしまう・・・、そうだとしたらその原因は「疲れ」かもしれません。

 

ちなみに「吹き出物」というのは20歳以上にできる「ニキビ」のこと。最近では「大人ニキビ」と呼ばれることも多いようですね。できる原因も、10代のニキビと違い、生活習慣が関係していることが多いようです。ですので、若いころのように「皮脂の分泌が多いから」と洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗っていると逆に悪化させる恐れがあります。
まずは大人ニキビと呼ばれる吹き出物が「疲れ」によって出てくるメカニズムを知って、正しくスキンケアしてニキビ跡を残さないようにしていきましょう。

 

疲れで大人ニキビができる理由

 

疲れといっても実は「肉体的な疲れ」と「精神的な疲れ」の2種類あります。

 

「肉体的な疲れ」は文字通り筋肉を使って体が疲れているだけなので、睡眠を十分にとるなど体を休めることで回復しやすいのが特徴。大人ニキビも解消しやすいんです。

 

一方、精神的な疲れは「ストレス」ともいわれます。心理的なことだけに解消するのが難しく、大人ニキビもなかなか治りにくいといわれています。
どちらにしても、睡眠不足、栄養の偏り、など生活習慣の乱れから自律神経が乱れ、ホルモンバランスを崩してしまうことが主な原因です。

 

ストレスを感じたり、緊張、運動をしたときなど、興奮状態になる時は自律神経の中の交換神経が優位になります。そうすると男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうんです。男性ホルモンは皮脂線を刺激して皮脂を過剰に分泌してしまいます。また角質を増やし硬くしてしまう働きもあるため、毛穴をふさぎ「皮脂+毛穴ふさぎ」で大人ニキビができてしまうのです。

 

疲れによる大人ニキビの対処法

 

肉体的な疲れの場合は、ゆっくり休むことで徐々にニキビもおさまってきます。が、精神的な疲れの場合や、肉体的な疲れが長引く場合は焦らずじっくり向き合っていくことが大切です。

 

質のよい睡眠をとる

 

深い睡眠であるノンレム睡眠時は、女性ホルモンの分泌が盛んになります。ですので十分な睡眠をとって、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスをとることが大事です。他にも睡眠によって得られる効果はいっぱいあります。

 

疲労回復

寝ている間に分泌される成長ホルモンが日中傷ついた筋肉や皮膚を回復してくれます

 

美肌効果

寝ている間にだされる成長ホルモンは、肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。寝付いてから3時間後とも、22:00~2:00ともいわれるシンデレラタイムは成長ホルモンの分泌が盛んになるため、美肌のためにはぜひとも寝ていたい時間です。

 

ストレス緩和

ストレス時には大脳のニューロンに疲れがたまり興奮状態にあります。ですが睡眠によって脳が休まることで興奮を抑えられストレスの緩和に役立ちます。

 

【質の良い睡眠をとるために】

  • 就寝前のパソコンやスマホの利用は控える
  • 就寝3時間前までに食事をすませる
  • 寝る前にカフェイン飲料はさける
  • アロマでリラックス効果
  • パジャマや枕などの寝具にこだわる
  • ハーブティーでリラックス効果を得る

 

温めのお風呂につかる

 

お風呂で温まった後、ゆっくり体の体温がさがっていくことに、実は睡眠を誘う効果があるんですよ。

 

疲労回復

湯船につかることで、血行が促進。それにより新陳代謝が活発になり疲労物質のデトックスに役立ちます。また全身に栄養が運ばれ疲労回復にも!

 

マッサージ効果

湯船に入っている間は強い水圧が体にかかります。それにより血液の循環がよくなり、疲れやむくみの回復につながります。

 

バランスの良い食事を心掛ける

 

やはり食事は体を作り上げていくものなのでとても重要です。時間がなかったり、疲れていてコンビニ弁当で済ませるときも、全体のバランスをみて1品添えるだけ違ってきます。例えばペペロンチーノだと炭水化物だけなので、牛乳や豆乳でタンパク質、サラダでビタミン・ミネラルを補給するなど、少しだけ意識を変えるだけでも随分とバランスのとれた食生活になります。

 

疲れをとる食品

 

疲労回復に効果がある食品を表にまとめてみました。

 

 

栄養素

役割

食品

ビタミンB

疲労回復

豚肉、鶏肉、大豆、枝豆、玄米

ビタミンC

抗酸化作用

ジャガイモ、ブロッコリー、ピーマン、赤ピーマン、レモン

ビタミンE

抗酸化作用

カボチャ、ニラ、アーモンド、

クエン酸

疲労回復

梅干し、柑橘類、キュイフルーツ、パイナップル、お酢

リコピン

抗酸化作用

トマト、スイカ

 

「玄米、梅干し、豚の生姜焼き、トマト、オレンジジュース」「餃子に酢醤油、グレープフルーツ」など、身近な献立にも疲労回復によさそうなメニューがいっぱいありそうですね。

 

<h4>疲れによる大人ニキビにやってはいけないスキンケア

 

大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れによるもので、思春期ニキビと同じケアをしていると肌を余計に痛めてしまいます。

 

【やってはいけないスキンケア】

  • 何度も洗顔する
  • 洗浄力の強いメイク落としをつかう
  • 化粧水しかつけない

 

皮脂をしっかり落とそうとするケアは大人ニキビにはNGです。必要な潤いまで落としてしまい、肌を乾燥させ角質があつくなり、ますます毛穴をふさぐことに。
大人ニキビは、肌に刺激をあたえない、しっかり保湿することが大切。

 

【おススメのスキンケア】

  • クレンジングはクリームタイプで刺激を少なく
  • 化粧水+美容液のしっかり保湿で肌をやわらかくする
  • ビタミンC誘導体入りの化粧水で余分な皮脂を抑える

 

まとめ

 

疲れによる大人ニキビは、ゆっくり休むことで回復する場合と、精神的な疲れでじっくりケアしていくことが必要な場合があります。睡眠をとることも、ゆっくり入浴をすることも、「しなくちゃいけない!」と脅迫観念で行うとそれ自体が余計なストレスになってしまうので、「できたらやろう」くらいの気軽な気持ちでいる方がよいと思います。とはいえ、少しでも早く状態をよくしたいと思う気持ちもよ~くわかります。
私が今、使っている化粧品はストレス肌荒れに対応している珍しいもの。生活習慣を変えるのはなかなか難しくても、化粧品を変えるのは簡単。使用後でも返品のできる化粧品なので、ちょっとどんなものなのか気になったら試してみてもいいかもしれませんね。こちらに詳しくまとめてありますので、よかったらみてみてくださいね。

 

ストレスケアのできる化粧品