【すぐできる!】生理前の肌の乾燥対策

MENU

【すぐできる!】生理前の肌の乾燥対策

アヤナス

 

毎日同じスキンケアをしているのに、生理前は肌がカサカサして化粧ノリが悪い、なんて経験はありませんか?
これは、生理前の女性ホルモンの働きに原因があるそうです。メカニズムを知ると対策もしやすくなりますので、まずは生理前にどうして肌がかゆくなるのか調べてみました。

 

 

生理前の肌の乾燥は女性ホルモンが原因

 

女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類があります。
このうち、生理前に分泌が盛んになるのがプロゲステロンで、男性ホルモンに似た働きをするため、皮脂分泌が増えたり、肌を厚くかたくしたりします。このプロゲステロンが生理前にニキビが増えたり肌荒れを起こす原因でもあります。
またエストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれ健やかな肌を保つためには必要なものです。生理前になるとこのエストロゲンの分泌が減ってしまいます。

 

肌の乾燥を引き起こすプロゲステロン

 

女性ホルモンのうち、プロゲステロンは男性ホルモンに似て、皮脂の分泌を増やし角質をあつくかたくしてしまうことはお伝えしました。そして同時に「抗菌ペプチド」という肌のバリア機能をつかさどる物質をへらしてしまう働きがあります。
この抗菌ペプチドが減少することで、肌のバリア機能が低下し、ホコリや紫外線などの刺激を受けやすく、また角質の水分が蒸発しやすくなります。これにより肌の乾燥がおきてしまうのです。

 

生理前のホルモンバランスの乱れが肌の乾燥を招く鍵は、女性ホルモンのプロゲステロンにあったんですね!
肌の乾燥を放っておくと、外部刺激を受けやすくなることで、炎症をおこし肌荒れを繰り返すことにつながるので、日ごろからしっかりケアして肌を乾燥からまもりたいですね。

 


 

生理前の肌の乾燥の対処法

 

肌の乾燥の原因はホルモンバランスの乱れにあります。まずはホルモンバランスの乱れが起きにくいよう、生活習慣を改善すること、そして、バリア機能が低下した肌を改善するスキンケアの両方を行うことが必要です。

 

睡眠をしっかりとる

 

睡眠不足はストレスや疲れを促進します。また、睡眠時に分泌される成長ホルモンが肌ターンオーバーをサポートしてくれるので、健康な肌のためには最低6時間の睡眠は必要といわれています。寝る前に神経を刺激しないよう気を付け質のよい睡眠が得られるようにしていきましょう。

【就寝前にさけること】

  • カフェイン飲料をのむ
  • スマホやパソコンを見る
  • 強い光にあたる(間接照明がおススメ)

 

適度な運動

 

適度な運動は、心地よい疲労を感じさせ睡眠を誘います。またストレス発散にも役立ちます。運動は好き嫌いがあるので、逆に運動することがストレスにならないよう、お散歩程度から始めてみるのもよいかもしれません。

 

正しいスキンケア

 

肌のバリア機能が低下している場合、刺激を与えることで余計に肌がカサついたり、炎症をおこしてしまいます。ですので「やさしく刺激を与えない」という点に気をつけてスキンケアしていくことが重要です。

 

【こんなスキンケアはNG】

洗浄力のつよいクレンジング

メイク落としはオイルタイプにものは洗浄力が強く刺激になります。肌が乾燥しているときは、洗い流せるタイプのクリーム系のクレンジングがおススメです。

ゴシゴシ洗う

ゴシゴシ洗うことでますますバリア機能が弱まってしまいます。しっかり泡立てた洗顔フォームの泡をのせるくらいの感覚でこすらずに洗いましょう

クリームなど油分でケア

肌が乾燥しているときに必要なのは、クリームなどの油分ではなく、うるおいを保つ保湿成分です。なかでもセラミドは保湿粉かが期待できるとして有名なもの。セラミドが配合された化粧水と美容液の両方で保湿をし、そのうえでクリームなどでフタをするのが正解です。

 

肌が乾燥しているときは「刺激をあたえない」「保湿を十分にする」この2つが重要です。
実はもう1つおすすめしたいのが、「肌のバリア機能を改善する化粧品をつかうこと」なんです。私が今使っている化粧品がまさにそう。敏感肌用化粧品で、塗った瞬間から肌のバリア機能が改善できる成分が配合されているんです。通常の4倍もの浸透力をもつセラミドも配合されていて保湿効果もあります。こちらの記事に詳しく説明していますので、興味があったらご覧になってみてくださいね。

 

保湿効果の高い化粧品