【今日からできる!】生理前の肌のヒリヒリ感を解消するスキンケア

MENU

【今日からできる!】生理前の肌のヒリヒリ感を解消するスキンケア

アヤナス

 

 

不思議なことに生理前はいつもと同じスキンケアをしていても、なぜか肌がヒリヒリしたりしませんか?生理前の女性の体はとてもデリケートといわれていますが、どうしてなのかすごく気になり調べてみたところ、肌のヒリヒリ感はバリア機能の低下にあったんです。

 

生理前にバリア機能が低下する理由

 

生理前に肌のバリア機能が低下する理由は女性ホルモンのバランスの乱れにあります。生理前には女性ホルモンの黄体ホルモン・プロゲステロンの分泌が増えます。このプロゲステロン、肌のバリア機能を司る「抗菌ペプチド」を減らしてしまうんです。そのためバリア機能が弱まってしまいます。
バリア機能が弱まると困るのは、外部からの刺激を受けやすくなってしまうこと。バリアがしっかりしていれば、ホコリや紫外線などの刺激を跳ね返せますが、バリア機能が低下しているため、肌に侵入してしまいそれが原因で炎症をおこしてしまうのです。また、肌内部の水分も蒸発しやすくなるため、乾燥肌になってしまいます。
肌がヒリヒリするのは、バリア機能の低下で刺激を受けやすくなっているためだったんですね。

 

ちなみに生理後は女性ホルモンの卵胞ホルモン・エストロゲンの働きが活発になります。このエストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌のハリやツヤ、コラーゲンの生成に働きかけてくれるんです。生理前の女性ホルモンは肌荒れの原因を作り、生理後の女性ホルモンは美肌をつくるなんて、人間の体ってうまくできていますね。

 

 

生理前に大切なスキンケア

 

生理前の肌はとってもデリケート。なので刺激をしないようにすることが1番大切です。

 

やさしく洗顔

 

肌をゴシゴシこすることは刺激になり、バリア機能をますます低下させることに。キメ細かく泡立てた肌をのせて洗う感じで、手が肌に触れないようにして洗いましょう。

 

クリーム系のクレンジング

 

オイル系のふき取るタイプのクレンジングは洗浄力も強く弱っている肌を傷つける恐れが。クリーム系のメイク落としで洗い流せるタイプのものがおススメです。

 

化粧水+美容液でしっかり保湿

 

バリア機能が弱まっていると、角質の水分が蒸発しやすいんです。ですので、しっかり保湿することが大切。必要なのは「水分」でも「油分」でもなく「保湿成分」です。角質層に水分をため込む働きをもつセラミドが配合された化粧品がおススメです。化粧水だけでなく、美容液も使って十分に保湿した後、クリームなどの油分でフタをします。

 

バリア機能を改善できる化粧品を使う

 

肌のバリア機能が弱まっていると刺激をうけ、炎症をおこしてしまいます。実は炎症を起こすことでエイジング物質が発生し、肌老化を促進してしまいます。なので生理前の短い期間とはいえ、肌のバリア機能を正常に保っていることは美肌のためには大事なこと。
私が敏感肌のために使い始めた化粧品アヤナスは、バリア機能の改善と保湿成分セラミドに優れた化粧品です。こちらに詳しく説明していますので、どんな化粧品か興味がありましたらご覧になってくださいね。

 

バリア機能の改善が期待できるアヤナス

 

生活習慣からの乾燥肌の改善

 

バリア機能の低下は化粧品を変えたり、スキンケアで改善できますが、ホルモンバランスの乱れを整えるには、やはり日ごろからの生活習慣が大切になってきます。

 

【見直したい生活習慣】

  • ストレス
  • 寝不足
  • 運動不足
  • 乱れた食生活

 

ストレス、寝不足、運動不足はホルモンバランスを乱す原因です。忙しい現代人にとってなかなか改善するのが難しいところではありますが・・・。あまり几帳面になりすぎず、できるこことから改善していくことで、生理前の不快な肌の症状も緩和されてくると思います。