【徹底調査】生理前の肌荒れと今日から始める予防法

MENU

【徹底調査】生理前の肌荒れと今日から始める予防法

アヤナス

 

生理前になるとなぜかニキビができてしまったり、肌が乾燥したりと肌荒れ感じる人は多いもの。肌の調子が悪いとなんだか気分を落ち込みますよね・・・。そこで、生理前の肌荒れをどうにかして予防できないか調べてみました。

 

 

生理前の肌荒れの症状別原因

 

生理前の肌荒れは、症状も程度も個人差がありますし、症状によって原因も変わってきます。

 

【生理前にでる肌荒れの症状】

  • 肌がヒリヒリする
  • 肌が乾燥する
  • 肌がかゆくなる
  • 肌が敏感になる
  • ニキビができる

 

どの肌荒れも「ホルモンバランスが乱れによるもの」という共通点があります。生理前は、女性ホルモンのうち、男性ホルモンに似た働きをする黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増え、美肌ホルモンと呼ばれる卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少してしまうことに関係があります。ですがプロゲステロンが与える影響によって、症状がかわってきます。

 

肌のバリア機能の低下

 

「肌がヒリヒリする」「肌が乾燥する」「肌がかゆくなる」「肌が敏感になる」といった症状は肌のバリア機能の低下によるものです。
生理中は女性ホルモンの中でも黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになりますが、このプロゲステロン、肌のバリア機能をコントロールする「抗菌ペプチド」を減らしてしまう働きがあります。そのため、肌のバリア機能が低下したために、肌は外部からの刺激を受けやすくなり、炎症をひきおこします。また、角質層の水分が蒸発しやすくなるため、肌の乾燥を招きます。

 

男性ホルモンに似た働きによるもの

 

一方生理前に大人ニキビができる理由は若干違います。
生理前に分泌が盛んになるプロゲステロンは男性ホルモンに似た働きがあります。そのため、皮脂の分泌を増やし、角層を厚く、かたくする働きがあります。厚くなった角質に毛穴がふさがれ皮脂がたまることで、大人ニキビが発生してしまいます。

 

 

プロゲステロンの分泌が増えることにより、肌荒れやニキビなどがひきおこされるんですね。

 


生理前の肌荒れの予防策

 

ホルモンバランスが原因なだけに、「○○すれば絶対大丈夫!」とった完璧なものはありませんが、不規則な生活習慣をみなおし心身ともに健やかな状態でいることで、症状が緩和されるようです。

 

ストレスをためない

 

ストレスは、自律神経の交感神経を優位にし男性ホルモンの分泌を盛んにしてしまいます。男性ホルモンは皮脂の分泌をふやし、肌をかたく厚くする作用があるので注意が必要です。ストレスをためないためにも以下のことを気をつけましょう。

 

しっかりと睡眠をとる

 

睡眠不足はストレスや疲れの原因となります。また寝ている間に分泌される成長ホルモンには、肌のターンオーバーを促進する働きがあります。ターンオーバーが活発に行われると、古い角質がはがれおちるので、プロゲステロンの影響で厚くかたくなった角質にも効果的です。最低でも6時間は睡眠時間がとれるといいようです。

 

程度な運動をする

 

ストレス解消に運動は効果的といわれています。特にランニングやダンスなどの有酸素運動は気分をすっきり前向きにしてくれるそうですよ。運動によって血流がよくなることでお肌のターンオーバーも活発になります。

 

入浴する

 

シャワーだけすまさず湯船につかると、体温をあげ、発汗作用が期待できます。それにより自律神経を調節することができます。40度のお湯に10分以上はいることがおススメです。

 

バランスのとれた食事

 

なんといっても私たちの体は私たちが食べたもので作られています。ですのでストレスや疲れ負けない丈夫な肌にするためにも、しっかりと栄養を考えてとることが大切です。中でも女性ホルモンを助ける栄養素や肌によいといわれている栄養素を紹介しますね。

 

栄養素 役  割 食  品
イソフラボン ホルモンバランス調整 大豆、豆腐、豆乳、納豆、味噌など
タンパク質 肌を強く美しくする 肉、魚、卵、大豆など
亜鉛 肌の健康を維持する 牡蠣、卵、豚レバー、牛肉、ごまなど
ビタミンB6 肌の健康維持 にんにく、マグロ、かつお、鶏ひき肉、塩サケ、スモークサーモンなど

 

正しいスキンケア

 

生理前はホルモンバランスの乱れにより、肌は乾燥しがちで、角質が厚くかたくなってしまいます。そんな肌を日頃から健やかにたまっておくことが、悪化を防ぎことにつながります。

 

十分な保湿

 

かたくなった肌を柔らかく保つには、しっかりと保湿をすることが必要です。肌の水分量に必要なのは、角質に水分をたくわえることのできる保湿成分。なかでも最も効果が期待できるといわれているのがセラミドです。化粧品もセラミドが配合されたものを選ぶと肌の潤いが違ってきますよ。化粧水だけでなく、美容液も併せて使うことでお肌の潤いが増します。

 

刺激を控える

 

ゴシゴシこすったり、洗浄力の強い洗顔料は肌を傷つけバリア機能を低下させてしまいます。とにかく肌はこすったりたたいたり、刺激しないことが1番です。強い洗浄力の洗顔料により必要な潤いまで失わないよう、自分の肌質にあったものを見つけて使うことが大切です。

 

ピルを使う

 

個人的にはあまりおススメはしませんが、あまり症状がひどくつらくなる場合は、婦人科に相談してピルを処方してもらうのも1つの方法です。
ピルには、プロゲステロンの分泌を抑える働きがあるので、肌荒れ対策になります。ただし吐き気などの症状が出る場合もあるので、使用前には医師に相談し、異常を感じた場合はすぐに使用をやめることが大切です。

 

まとめ

 

生理前の肌荒れの予防は日ごろの習慣がものを言います。ただ運動や睡眠時間、食事、どれも自分1人の努力だけではできない場合もあるのが難しいところ・・・そう考えると1番手っ取り早いのが化粧品の力を借りることかなとも思います。こちらに、浸透力が高いセラミドが配合され、肌のバリア機能を回復することもできる化粧品を紹介している記事がありますので、興味があったらのご覧になってみてくださいね。

 

肌のバリア機能改善が期待できる化粧品