【必見!】つらい生理前の肌赤みを改善する5つのスキンケア

MENU

【必見!】つらい生理前の肌赤みを改善する5つのスキンケア

アヤナス

 

生理前の肌は敏感で、いつもは出ない肌トラブルがでてしまうことがあります。肌の赤みもその1つ。まずは生理前に肌に赤みがでる原因をしり、正しく対策を学んでいきましょう!

 

 

生理前に肌の赤みがでる理由

 

生理前の肌の赤みには2つの症状が考えられます。

  • 皮膚が薄いため、毛細血管が透けて見えてしまう
  • 肌荒れのため肌に赤みがでてしまっている

 

皮膚から毛細血管がみえてしまうのは、、洗顔のしすぎや肌をこすることなどで、肌が薄くなり肌のバリア機能が低下してしまうことによりおこります。これは生理前の特徴というよりも、日頃のスキンケアの影響で生理前に症状が悪化しているとも考えられます。
一方、生理前に肌荒れを起こし肌に赤みが出てしまっている場合、こちらも肌のバリア機能の低下が関係していますが原因はホルモンバランスの乱れにあります。
生理前には女性ホルモンの1つ、プロゲステロンの分泌が増えます。このプロゲステロンは、肌のバリア機能をつかさどる抗菌ペプチドという物質を減らしてしまうんです。それにより肌のバリア機能が低下してしまいます。
また、プロゲステロンは男性ホルモンに似た働きをするため、皮脂の分泌をふやし、角質を異常に増やす「異常角化」という症状をひきおこします。それにより毛穴の出入り口がふさがり皮脂が詰まってニキビの原因を引き起こします。ニキビに刺激が加わって炎症を起こすと赤ニキビになってしまいます。

 

肌のバリア機能が低下するとどうなる?

 

健康な肌には、皮膚の表面を皮脂が覆いフタの役割をしています。その下の角質層には細胞と細胞をつなぎ水分を蓄える役割をしている細胞感脂質のセラミドがあります。バリア機能が低下すると、フタの役割をしている皮脂がところどころ隙間を作ってしまっている状態。そのため、隙間からホコリや紫外線などの刺激が入り込みます。そして肌に炎症がおきてしまうのです。また、角質層のセラミドが、その隙間から蒸発し肌が乾燥してしまいます。

 

肌の赤みを予防するには、日頃から正しいスキンケアを行いバリア機能をしっかりさせておくこと、そしてスキンケアだけでなく、食べ物からも女性ホルモンを整えることが必要です。

 


 

生理前の肌の赤みを改善する5つのスキンケア

 

日頃から刺激の少ないスキンケアを心がけることが大切です。

 

刺激の少ない洗顔料を使う

 

肌をこすっていなくても、刺激のつよい洗顔料を使っては必要な潤いまで失い炎症の原因に。
症状がひどい場合は、洗顔フォームよりも刺激が少ない固形石鹸の方がおススメです。

 

泡で洗う

 

ゴシゴシこするのではなく、しっかり泡立てその泡をのせる感覚でやさしく洗います。

 

保湿成分配合の化粧品を使う

 

保湿効果が高いセラミド配合の化粧品を使うことで、肌の潤いが復活しバリア機能の改善に役立ちます。

 

化粧水+美容液のダブル保湿

化粧水だけでなく美容液も使ってしっかり保湿することが大切です。保湿した後はクリームを塗って水分蒸発を防ぎましょう。

 

やさしくタオルでふく

 

洗顔自体、泡で優しく洗ってもそのあとタオルでゴシゴシ拭いては元も子もありません。肌が傷つき炎症の原因に。こするのではなく、タオルに水分を吸わせる感覚で肌に軽く押し付ける感じで水分を拭き取ります。

 

ホルモンバランスを整える食品

 

身体を作るのはやはり毎日とる食事から。ホルモンバランスの整えるために必要な食品を積極的にとっていきましょう。

 

イソフラボン

 

大豆、豆腐、納豆、味噌など。
女性ホルモンに似た働きをします。

 

ビタミンE

 

カボチャ、アボカド、卵黄、ナッツ類
女性ホルモンの分泌を促し整える働きがあります。

 

ビタミンB1

 

豚肉、キノコ、ホウレンソウ、カボチャなど
女性ホルモン分泌の命令を出す脳に必要な糖の分解をするのに必要な栄養素です。

 

ビタミンB6

 

ニンニク、塩サケ、スモークサーモン、マグロ、かつおなど
女性ホルモンを出すよう脳に命令を出す神経伝達物質を作るのに不可欠なもの。

 

カルシウム

 

乳製品、小松菜、小魚など
女性ホルモンの分泌をコントロールする働きがあります。

 

食事だけでなくサプリでも摂取できるのが魅力ですね。

 

まとめ

 

生理前の肌の赤みはたいていの場合、生理が終われば回復するので一時我慢すれば、と考えている方も多いかもしれませんね。でも日頃からホルモンバランスを整え、肌を健やかに保っておくことで、症状を和らげることが可能です。だた面倒くさがりの女性にとっては、毎日気をつけるなんて飽きてしまうかもしれません。肌のバリア機能に関して言えば、化粧品で改善が望めるものがありますので、そういった化粧品を利用するのもいいかもしれませんね。こちらの記事で詳しく説明していますのでよかったらのぞいてみてくださいね。

 

バリア機能の改善に役立つ化粧品